保育士と幼稚園教諭

保育士と幼稚園教諭の求人の違い

保育士と幼稚園教諭の求人の違い 保育士と幼稚園教諭、この求人の違いですが、基本的に保育士の求人の場合には保育士免許を持っている方しか応募が出来ないという点、そして逆に幼稚園教諭の免許を持っている人しか幼稚園教諭の求人は応募出来ない、この違いがまず一つ目にあります。
また別の点としては、都道府県により、幼稚園として保育園というものはかなりの差があり、例えば長野県であれば圧倒的に保育園が多く、逆に富山県の場合には圧倒的に幼稚園が多いです。
もちろん、上記の県、または他の県などであっても、このような差などがあり、これは政治的な考えなどから、このように都道府県で偏りが出来ており、また長野県には保育園しかない、ということはありません。
それと同時に、富山県も同様である、とされています。
違いについては、このように、保育園と幼稚園の規模の差が、県によってまったく異なっているため、どちらかがかなり多い場合には、片方の求人は滅多にない、という点が挙げられます。
そのため、短大などは別の都道府県などを受験した方であっても、その短大で取得出来るものが保育士さんの免許だけ、という場合には、その県に残って仕事を探すか、または別の短大に入り直し、そこから幼稚園の先生の免許も取得する、というケースもあります。

保育士の幼稚園教諭の求人の業務内容の差とは

保育士の幼稚園教諭の求人の業務内容の差とは 幼少期の子供の人格形成を担っている児童養成機関として最もメジャーなのが保育園と幼稚園だと思います。
しかしこの2つの業務内容の差となると、あまり変わりがないのでは?と思われる方も多いと思います。
今回は幼稚園教諭と保育士の方の業務内容の差をご紹介します。まずこの2つは運営する管轄が違っています。
保育士は厚生労働省、幼稚園教諭は文部科学省のもとで子供にかかわるためこの2つの省が奨励する子供の価値観によって業務内容が異なります。
最も違うところは保育園は子供を「養護」する場であり、幼稚園は子供を「教育」する場であるということです。
そのため求人内容でも幼稚園では教育的側面の保育が要求されるため設定保育や幼稚園のカリキュラムを作成する必要があり、子供たちが早く帰る分書類と向き合う時間も多いです。
保育園では教育的側面よりも養護的側面が重要視されるため、設定保育などを行いますが幼稚園などよりも軽いもので自由保育を行っている園も珍しくありません。
そのため2つの園での業務内容の差といえば教育的側面を持っているか、そうでないかという面が強いです。
求人内容をよく見て、養護的側面が強いのか教育的側面が強いのかは確認する必要があります。

pickup

塾を南大沢で検索

最終更新日:2018/8/9

新着情報

◎2017/6/12

保育士と幼稚園教諭
の情報を更新しました。

◎2017/4/28

地方の保育士の求人の特徴
の情報を更新しました。

「保育士 内容」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/dmbza8t6/initforthekills.com/gyoumu.html on line 162

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB+%E5%86%85%E5%AE%B9): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/dmbza8t6/initforthekills.com/gyoumu.html on line 162